ブログ

◇菜◇

◇上野発の

DE7C06FE-45F0-4C68-B9FD-03CD97A9FC5D.jpeg

 

お稽古関連ごとは、あともうひとつ乗り越えたい


すこし前に贈呈式の招待状をいただいていた小川未明文学賞の発表が、ネットでも解禁になっていたようなのでリツイート。

かれこれ第26回になるのだなあ。児童文学の賞としては伝統の域に達していらっしゃり素晴らしい。

昨年まで賞の委員会でご尽力されていらした方は、退任されたとのおしらせがあった。これもすこし前の話。

「これからもよろしく願います」とあったけれど、自分になにができるのかなあと恐縮している。

こうして書いて知っていただくことも、応援のひとつになっていればいいなあと思う。

 

上野の国立科学博物館では、人体なんたらという展示が始まっているとか。

あれだろうか。過去にあった「人体の不思議展」みたいなのとはまた違うのかな。かなり興味ぶかい。

 

マイ著作のなかでは、「バーチャル人体図鑑」(「平成うわさの怪談」シリーズ9 岩崎書店 2004年)という話を書いている。

我ながら、なかなか面白いストーリーだと思っている。時代も追いついてくれたと感じている...。それは自画自賛。

このシリーズは、最初の刊が2002年の発売だけど、いまも流通刊があり、図書館でも子供たちによく借りられているらしい。

 

そして先週はまた一つ、詩篇を投稿させてもらった。

こちらは著者校正のあと、アンソロジー集に加えていただける予定。(有難うございます!)

この分は、その頃に広くお知らせをしたい。

 

 

 

EE568FAA-9B07-4E03-ACAE-FBD510CC2BE5.jpeg   98D08E20-907D-41EF-B2A0-5E8B95BFD964.jpeg

 

ホワイトデーに、高級ベルギーチョコをいただいた。

もったいなくて食べられない!    

 

と書いたはしからつまんでいるのは、誰よ~

 

 

≫ 続きを読む

◇菜◇   2018/03/15   xyz

◇ほころんで

11F039B3-D06B-49B7-9C0A-3F2C96D5750F.jpeg

 

出先のホテルで、15日締め分の推敲をしている。

合流した創作仲間さんと、お腹いっぱい、ちゃんぽんを食べたあとだったけど、あんがい、進むものね。飲んでないからかな。

 

(ツイッターでリツイートしたサンリオいちご新聞の)いちごの王さまの"おふれ"は、わたしたち世代ではたぶん割と浸透している話だ。もちろん、わたしもそのポリシーに共感してお仕事をさせてもらっている。

逆に、そうではない関係は、仕事の上でも築きたくない。妥協して取り引きはしない。

と言い切れる立場になりたいものだ。

 

ぶっちゃけたことを言うと、3世代かかっている。

なにがって、ありふれた当たり前の感情で、家族どうし笑いあったり助け合ったりする生活を立て直すのに、3世代かかっているというのが、わたしの生い立ち。

やっとの平日感なのだ。

それだから、これからの若い人たちを同じ目に遭わせないためにはどうしたらいいかを考えて、考えにとらわれるところがあったかもしれない。

なんかもう少し、余生くらい肩の力をぬいて、書くことそのものを楽しみたいのだけど。

 

Vリーグファイナルは、ここにきてJT(男子)が猛追い上げをしている。

 

あーわたしが応援しちゃったからかな......

(んなわけない。このチームはこれからまた勢いが戻ってくる確信がある)

54F4FCDE-8D3C-4449-9AF2-F8F06AEA26F0.jpeg  8166B8A9-510A-45FB-AE5E-05D7AD1AA710.jpeg

 

5日付追記

日曜は、長崎市立図書館さまの10周年記念のイベントに参加。

各出版社が集まり、敏腕編集者さん方のかなり貴重な話を拝聴させてもらった。

たまっている詩群については、詩を長く書いてこられた方に、発表のしかたをアドバイスいただけた。感謝

 

 

 

≫ 続きを読む

◇菜◇   2018/03/04   xyz

◇晴れますように

 B3B06D8B-39EE-45D5-B43C-4FB50ABBF410.jpeg

 

 

夜半から、家がゆれるほどの暴風雨...

昼間、警報が出ていたときは、「 へ? ほんとに? 」というほど兆候はなかった。最近の天気予報はほんとに正確だわ。

本日、卒業式を控えている方、親御さんはきっと心配かと思う。晴れますように。

 

編集さまより、お預け原稿の進捗遅延たびたびのおわびつきのご連絡あり。

信頼を置いている編集さんは、皆総じてご多忙のご様子。優秀な方に集中するのも無理もない。こちらはプランが蓄積していて次も預けたい思いだけど、同じ方向に気をとられてばかりだと体力と時間を消耗するだけになる。

既刊本がなにか(コンクール?)の選定に新たに入っているらしい。他社さんなのにチェック嬉しく有難い。

 

いまは目の前の稽古に集中して、来年度から働き方を変える予定。

 

≫ 続きを読む

◇菜◇   2018/03/01   xyz

◇襷を書ける?

E4D8392F-1AE0-4021-A483-A44CE04C8C13.jpeg

 

 

14日は気温が高くなる予報だったので、これ幸いと、稽古場で半日、おさらいデー。

稽古場へは往復するだけで3時間弱費やされる。稽古の日と決めていかないと折り合いのつかない日も多い。

3月の催事に向けて、周囲も余裕がなくなりつつあるので、聞けるうちにまとめて聞けることを……の方針でいきたいと思っている。

あと、月末のリハーサルに向けて、少し上の先輩に、襷(たすき)さばきを教わった。さっそく復習だアー。

リハーサルは、町内の役員ごととかぶってしまった。どうしませう…

 

マイ バレンタイン周辺は、ぐちをおおっぴらに公開することになるので割愛。

我は人事をつくしたよ……(かなり大げさ)

 

いつも気の利く姪っ子が、手作りのチョコチップシフォンケーキをふたり分作ってくれた。
 

姪には、この先、とくに甘えてはいけんねえ。

 

≫ 続きを読む

◇菜◇   2018/02/15   xyz

◇魅力的生活

8A8E9E30-BDCE-41EE-9C58-1D13A70252BA.jpeg

ああっ......伊藤さん~

 

 

ツイッターでモモちゃんの話題。育て親の伊藤雅男さんとは今年も年賀状のやりとりをさせていただいた。

現在、どのくらい浸透しているのかわからないけど、”環境エンリッチメント”という働きがある。飼育動物の健康や福祉面を向上しようとする工夫であり、またその導入そのものを指している。

長崎バイオパークさんは先がけの園だったと思う。(有名どころの園はもちろん取材をしたうえで書いたので)

伊藤さんは、蝶(とくにアサギマダラ)の研究もされていらっしゃりお詳しい。

 

カービィ展がこんどは名古屋で開催されるという情報キャッチ。絵本も販売してくださるだろうか。どうか、お願いしたい。

「星のカービィ」はネーミングから「漢字、ひらがな、カタカナ」で表記されているのが、漢字に配慮しているジャンルにいる自分には魅力的。この表記周辺の話もまたふれておきたいので、ちょいメモ。


このところの異例な冷え込みで、ふと思い返したのが、2012年1月の岩手でのこと。

宿泊に利用させてもらった、ボランティア受け入れ先の仮設の水道が凍結して洗濯機が使えないことがあった。

寝泊りにはじゅうぶんな施設だったけど、設備面の余裕はなかったと思う。管(くだ)を寒冷地用に配管できていれば違ったのだろうか。今となっては、あいまいだ。ただ、お世話になった方が「前の晩に凍結防止剤を入れておいたのに…」と言っていたのはおぼえている。

あの(震災後最初の)つらい冬をもち堪えた方々には、あらためて、頭がさがる思い。
 

前回の少年たちからは、「めざとい」から始まるワードがつぎつぎと引き出された。ものごとをキャッチするアンテナと、自家発電エネルギーのかたまり!

そんなわけで、なかなか、親しみがつきないんだな、これが。

 

 

≫ 続きを読む

◇菜◇   2018/01/28   xyz

◇2日目

0FE403CD-81FC-4BC4-AF01-E6F570AEAA4F.jpeg

疲れ目にはうつくしい緑を どぞ

 

今朝は起きたら割と強めの雨音が……ほんとに奇跡みたいな二日間だったのかも。

 

21日は、用事を済ませてからの体育館入りで1試合目を丸ごとのがした TT

じゃっどん、隣りの席の方が簡単に状況を教えてくださったぁ。ご親切にほっこり。
 

2試合目、パナとJT戦は、ファイナルを見据えた若手&フレッシュさん対決みたいな試合運びだったと思う。パナのベテラン勢は半分起用で(白澤選手、福澤選手)、欠場だったり控え(清水選手、クビアクさん)だったり…

3セットまではパナ優勢で、JTのエドガーさん、山本選手(バレー界の相葉くんと勝手に思っている)が決めるとオオッとオオッと拍手していたわたしはお隣さんに完全、JTファンと思われていたことだろう。連日のフルセットは選手の皆さんの負担が増すとわかっていても、時間いっぱい観ていたいものよ。


試合後のファンサービスもすごかった。

堺ブレイザーズのホーム(元新日鐵)ファンには、1日目に、選手とふれあえるフロアサービスもあったし、他のチーム選手もひょいひょいと側を通ってくださるので(館内の構造上もあり)、握手やサインのチャンスが多かった。皆さん、お疲れなのに、ほんとにファン想い。

 

1日目など、終盤までぼうっとスタンド席にいたら、真うしろに川村監督が見学されていらっしゃったし(血圧ハネあがる)、2日目はアリーナ前のほうで、練習ボールがびゅんびゅん飛んできた(よそ見できない迫力)

 

試合だけに集中とか、ファンそれぞれにも楽しみ方はあるだろう。



5E83362F-34A2-4006-A405-21F1988AF24C.jpeg
エドガーさん、サインをねだる少年たちに神対応

オイっ、そこのスマホくん...

 

≫ 続きを読む

◇菜◇   2018/01/22   xyz

◇観戦

08907CB1-DFF9-4F3E-8CC6-F35553A8B459.jpeg

近所にはない花  

 

バレーボールの大会、男子プレミアリーグの北九州大会を観戦中。

一昨年は大雪で泣く泣く断念したこの大会(なんせ、体育館までのアクセスがやや不便)今年は大寒というのに暖かい晴天に恵まれた。

もしや、昨年亡くなられたパナソニックパンサーズの谷村孝選手(母校 地元 福大大濠)のお導きでは...

福澤選手のインタビューにもらい泣きしてしまった。

 

試合結果はまだチェックしていない方がいると思うので割愛だけど、白熱したわしたわ。凄かった。

2試合目も面白かった。

 

JTサンダーズの新人 金子選手(東福岡→)、期待されているなあ、ってところで投入。最近は、パナの次に豊田合成トレフェルサ推しぎみなんだけど、どの選手も、それぞれに持ち味があって魅力的ーー

 

≫ 続きを読む

◇菜◇   2018/01/21   xyz

◇吉報

45395198-1DDF-4F25-A491-184960BE81E4.jpeg

 

 

年初めにひいたおみくじによると、今年は控えめに行動したほうが吉という。

しっかし、今までもわたしは控えめではなかったろうか?

 

ちがうかい??

 

長年、年賀状を欠かさず送ってくれていた読者さんより、春からいよいよ就職します! の報をいただく。

何よりうれしい。

それも県警づとめになるそうで、頼もしい。素晴らしい。

いざとなったら、守っていただこう。

 

 

≫ 続きを読む

◇菜◇   2018/01/18   xyz

◇盆と正月

IMG_2826.JPG  IMG_2832.jpg

初売りで稽古用のお着物(リサイクル小紋)を  

筆ペンは二本めになったところでお役目おしまい


 

「盆と正月が一緒にきた」という言いまわしがあると思うけど(福岡だけ?)

年明けは、通年の新年のあいさつごとに加え、新年会や内祝(成人のお祝いをいただいた方への挨拶めぐり)であたふたアタフタして一週間が過ぎていった…


昨日は太宰府の母がわざわざお赤飯を炊いてくれた。

もちもちが固くならないうちに、配れるところに配っとこう。

おしゃれですてきなネクタイをプレゼントしてくださったそこの貴女、本当に有難う。

あなたも育ててくれたおひとりよ。

エプロン姿でぎゅーぎゅっとハグしてくれた貴女も...そう!

ご家族団欒時に一緒におしかけてゴメンねー

 

息子のチーム時代の仲間くんたち、親しくよく遊びにきてくれた男子くんたち、みんな、元気してるかなー??

つらいこと抱え切れなくなったら、思い出して、ぐちっておくれ~

当人はいつもの調子(寝ぐせつけて、まだガンガン寝ているよ)だけど、小中の友と会うのはとてもうれしいって、言っていた。



成人式に諸事情で行けなくっても、行かなくっても、二十歳おめでとうにはちがいない。

今日の日を迎えられた皆さん これからはひとりの大人として、思いっきり頼りにするネ

ほんとうにおめでとう!

 

sekihan.jpg

 

 

※画像は一部加工しています。

≫ 続きを読む

◇菜◇   2018/01/08   xyz

◇待ちどおしいのは

7E52D48C-4818-4972-9712-FFA4EA5232EE.jpeg

 

 

とうとう、28日。
仕事納めの皆さま、お疲れさまさまだ。それとも、あともうひとふんばりか、年越し……?


その昔。大掃除をすませた頃、8がつく日は縁起がよいということで、この日におもちを搗いていた。未だそんな風習を大切に守り続けている方々がいたらすごいなぁ。


大分のおじいちゃんとおばあちゃん(わたしのね)と、丸くてねばっこくて真っ白なのをいくつも縁側に並べた日のことは歳を重ねても忘れていない。

透き通った表面からちょっとのぞいている餡子入りのも、見ているだけで幸せな気持ちになった。

 

ふるさとの雑煮は、その甘々バージョンや畑でとれたダイコンやニンジン…そのままの田舎雑煮だった。

結婚してからは、アゴだし仕様の博多雑煮を艶つけて(博多弁)作ることになった。さあ、大変だ、と、新米のヨメにはなかなかの文明開化だったと思うのよ。あれもこれも必死だったから、あまり憶えていないけど、ね。



それらの景色はちょっと置いておいて。
 

年明けには、まず、成人式が待っている。

わたしの……だって? 

言う人はいないだろう。

そう。

次男は、もう、年内に成人(誕生日)を迎えているのだけど、あらためて嬉しい。有難い。

そして、とても待ちどおしい。

 

ずっと守りつづけていたものとか、息子たちにも打ち明けたことのない話なんかも、ぼつぼつ、肩をならべて語れそう。

大人になるって、奇跡のひとつなのよ。ほんとに。うまく伝わってほしいなあ…。

 

 

新刊を販売してもらっている福岡PARCOさんには、あと3回は行くぞー。なんなら、おじゃまじゃなかったら、連日行きたいくらい。

 

 

≫ 続きを読む

◇菜◇   2017/12/28   xyz