ブログ

2017年07月

◇課題図書

IMG_1428.JPG

 

​「羽ばやすめて、すずやかなメロディひとつ、流しちゃるばい~♪」(博多えんじぇる)



早朝の湿度が幾分しのぎやすくなったのと、頼まれごとのメドが少し立ったので、この週末は草刈りを大掛かりに行った。


ハーブってもっと繊細なものかと思っていたのに、とんでもなく丈夫で、なかにはオバケハッパ級に育っているのもあり、通りがかりの方が、虫などひょっこり見つけたりして恐怖を感じてもいけないので、早めに取り掛かろうとは思っていた(できなかった)。


ちなみに、カマキリだけでもあれからさらに2匹みつけ(計4匹)、カットしたアップルミントのなかにうっかり1匹まぎれていたので、枝をあつめて束にして、虫干し?スペースにいったん置いた。そのうち逃げていくだろうからこちらは心配ない。

最近、創作脳はかなり調子がよい感じで、ぽこぽこ思いついたシーンやセリフ、ラフ絵を、片っ端からメモしたり習作したりしている。

映画や舞台も何作か続けて観ている。ドラマは今期ハマれそうなのがいくつかあってまだちょっと絞れていない。創作のための課題図書(コミック本含めて参考資料ともいう)はまとめて手に入れた。あいまあいまにたくさん読んでおこうと思っているところ。


≫ 続きを読む

◇菜◇   2017/07/30   xyz

When you wish upon a star…

 

The sweet fulfillment of
Their secret longing

Like a bolt out of the blue,
Fate steps in and sees you through
When you wish upon a star……

 

今日はソーサク部屋よりお届けです。

 

まずは、九州の日田、朝倉市を集中とした豪雨被害に、心よりお見舞い申し上げます。

台風3号があまりに台風らしくなかったところに、この豪雨は不意打ちでしたね。

被害の全容はこれからですが、豪雨に比較的慣れている九州の人も防げないレベルの集中雨量だったと思います。自然はつくづく畏ろしいです。

アメリカの従兄もニュースで知ったようで、画面から伝わる「heavy rains」に「hoping you and parents are doing ok?」とメッセージが届きました。伯母が特に心配しているのだとわかり、洪水の地域を地名で答えました。

わたし自身に限っては、予定していた取材やイベントも吹っとんでしまい、半ば呆然としていましたけど、いまは平常心にもどるための調整中です。こんな風に、心やからだが生きていさえすれば、多少のことは立て直せますからね……。

 

お知らせです。7月の上京が決まっています。20日から数日間の予定です。午前中などは現時点での予定がありませんので、何か御用がありましたら、ぜひお声をかけてくださいませ。

星のカービィの25周年記念のオーケストラコンサート(指揮者 竹本泰蔵さん)にご招待をいただいたのと、その前より練っていた案件の取材と、早稲田大学の演博(通称エンパク:坪内博士記念演劇博物館)の企画展「テレビの見る夢 大テレビドラマ博覧会」に行ってこようと思っています。

会期中に尾野真千子さんのイベントもあるのです。←こちらは、先着応募で、断じてコネとかご縁のつながりではありませんことよ。そう思われそうですので、あえて書いておきます。でもね、わたし、そういうのも限定的に、仕事を円滑にする上ではアリと思っている人なのですよ。まあ、これは今は余計なので書きませんけど。

 

それから、管理の”一端”をまかしていただいている方面からお手当をいただけるようになったこともお伝えしておきます。とても有難いのです。ですが、今まで、けして気の良いボランティア精神だけでやっていたのではありません。それはメインでやってくださっている方も同じお気持ちかと思います。

わたし個人は、同じ熱意で、いっしょに仕事を進めてくださるお仲間さえいれば、すごくやりがいやモチベーションを保てるのです。お気遣いいただけるなら、その思いをくんでいただけると助かります。なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

これまでに公言しているように、わたしは文を書くことはどちらかというと苦手(文章はまどろっこしく絵を描くほうが伝えやすいほう)でしたし、それでも20年続けていられるのは、お金もうけのためではなく、物語世界を楽しく感じる心やキャラクター愛については、そこいらの誰よりも負けていないと自負しているからです。あと、どんな環境や障害があっても、チャレンジの気持ちを持ちつづければ、憧れの目標や夢もそう遠くないってことですね。もし、それを、子供たちへ伝えていく使命があるのだとしたら、伝えたいという気持ちが枯れるまでは続けていきたいと思います。

 

ツイッターには、7月7日より、所属している 創作集団プロミネンスのリンクをつけました。新刊紹介では活躍している後輩(という気持ちはあまりなく同業者だけど同志的な)たちの新刊本も毎月更新されています。毎月本を出している方もいらして、目を見張る思いです。

バトンを引き継いだ者としては、そろそろ余分な肩の荷をおろして、実力も才能も豊かな後輩たちに全面お任せしたい思いです。いえいえ、あくまで気持ちの上で、の話ですよ。

 

pine3.png

 

話変わりまして、朝ドラ、このところ珍しく見つづけています。

赤坂編からでしょう? というお声も届きそうですが、そうです、その通りですよと開きなおります(ふんぞり)

宗男の「笑って生きてっとう!」という気持ちすごくわかります。なんていったって、わたしは”お父さん”や”宗男”のジャスト孫世代ですから。(注:まだ生まれてませんよ)

ただ、当人が生きているあいだにその境地に達するのは、現実はなかなか難しかったと思います。この件については、後日にいたしましょう。

 

8日土曜から、セミのなき声が、聞こえています。じいじいのアブラゼミっぽいです。




​illustration 大塚菜生

 

≫ 続きを読む

ソーサク部屋   2017/07/09   xyz

詩 食傷

 

 

食傷

 

こっちが正しい

あっちは正しくない

我々が正しい

向こうはまちがい


正しい正しいだから正しい

したがえしたがえだからしたがえ


ああ信用ならない

 


幼い首に 黒い雑巾まきつけて

廊下に立たせ

反省しなさい と?

正しい を いったら

評価 が あがる のか?

 


正しい正しい

ああ信用ならない

 


その血走った 目

なまぐさい 口紅

 


ああ信用ならない

 

 

≫ 続きを読む

  2017/07/05   xyz

◇か弱いのよ

IMG_1327.JPG

 

画像は、フリンジラベンダーの次世代新芽。

伸びすぎた枝をカットすると、こちらも育ちやすいのかもしれない。



土曜午前は、健診で博多方面へ。いままでは職場通じてだったり、予約をしわすれたりで、「けんぽ」さんのご案内通りにあやかるのはじつは初めて。皆さま親切で、新鮮な体験だった。

追加事項ともども、細かい結果はひと月後に通知をいただくようだけれど、メディカルアナライザーで、

血管は若いです。弾力がありとても良い状態です。そして最後に、

「 『鍛えられた身体』です 」

と念押しのように書いてあって笑った。鍛えてないしっ。

 



明日は、昨年亡くなった、幼なじみの一周忌。
子供のころ、妹のいない自分が妹のように可愛がっていたKちゃんのこと、静かに祈り、こんどこそきちんとお別れを言いたいと思う。昨年はどこか現実を受け止められず、うやむやのままだったので。

 

身近な苦悩を想うと、困難な状況に陥った遺児たちへの基金についても、クリーンに機能してほしいとねがうばかり。

 

≫ 続きを読む

◇菜◇   2017/07/02   xyz