◇菜◇

2016年07月

おっちょこちょいシソー

生き残ったシソがいい感じに育ち、食べごろになった。

梅雨前の虫たちの浸食で、結果的に、スクエアの株のほうが全滅して、鉢に分けたなかの3株のみという(それも、一時は根っこから起こして、アブラムシを洗い落としたりの手当ての上)、で、大変貴重な収穫になった。

昨年はそこまで、労力がいらなかったので、湿度とか天候によるんだろうなあと思う。そうそう、近所の小学生の女の子が、スクエアのシソを今年も収穫できるものと待っていたそう。

期待をはずしてとても残念。

 

今週は、兄さんが一時帰省。今後、バイト、合宿、研究室、長期研修となかなか忙しくなるそうで、周囲にも前もって色々気を配っている。すっかり大人になったな、と思う。

私はといえば、仕事が捗っていない割に、せっかくの舞台の発券を忘れたり、予めの計画を忘れたりの、毎日何かしらを行進中。昨日は、稽古に向かうバスで、降車場を乗り過ごしそうに......

この傾向、しばらく続くのかな。

  2016/07/30   xyz

オアシス

おはようと

ありがとうと

しあわせは

すぐそこにあるのに、大切にしない。

 

image.jpeg

 

 

「明日、〇〇(私の実家)の近くをまわるけど、お中元一緒に持ってく?」
と隣人さんが言ってくれたので、朝になっていそいそと用意。

不在ではないか、念のため母に連絡をすると、「たのまれた裁縫でたてこんでいる」とはねかえされた。

まあ、よくあることだわ、現役でよろしい。

隣人さんが色々誘っても、ウンとは言わないくらいだからね、申し訳ないけど。「母なりの遠慮」と「いらない配慮」なのよ。

こちらも、唯一のオアシスタイムを壊すわけにはいかない。

  2016/07/26   xyz

攻略!?

割と最近の話しだけど、道を歩いていて、塀の向こうから、水を勢いよくかけられたことがある。

そこの家は春には大桜も美しく、庭木にも気をくばっている様子が塀のこちらからも見てとれるくらいで、「頭からかかりましたよ!」と見えない相手に、言葉をかけただけで通りすぎた。

そのこともあり、水まきをするときは、よその敷地にまでびちゃびちゃ飛んでいかないようにしている。どんなに急いでいても。

これは、もう、うちからは旅に出たカマちゃんの撮影に気をつけたのと一緒で、「垣根を越えることができない」のではなく、越えないように想いをくばるってことだと思う。

 

さて、この週末はおめでたい進展があった。

隣人さんの打ち込んでいることが、初めて、公式の予選を通過して、プロと同じ土俵に上がれるトーナメントの出場権を手に入れた。

かれこれ20年、地道にやってきた結果である。拍手!!

私の20年といえば、書き物もそうだけど、パソコンを仕事で使い始めてちょうどそれくらいになる。それでも「攻略」できないことのほうが多く、今も日々更新される情報に、四苦八苦である。

  2016/07/24   xyz

賜物

梅雨明けを教えてくれたカマキリの行方がわかった。

40数日間の観察で、その習性を少し理解できたからこその発見だけど、撮影となるともう問題が生じる。全国のカマちゃんファンに向けて(いるのかなー)、遠影のごくごく一部だけ。

 

image.jpeg

向こうからも観察されているという、少しワイルドな感じね。

 

6月に剪定していた「こんぺいとう」さんからは、新芽が出てきた。株分けしたシンビジュームや、乾燥して ”つぶ” が皺になっていたブルーベリーにも瑞々しい葉っぱが……
生きている。うれしい。

スクエアの草取りは、日陰をつくる役割もあると気づいてから、控えめにした。ここは一度も水を撒いていない。これからは、朝露やにわか雨、夕立に頼り、より自然のままに近い状態になる。

  2016/07/22   xyz

朝の顔

チコリの花は多いときで、12コくらい咲いている。

この花、午後にはしぼむので、見逃すととても惜しい気持ちになる。どこの国の話か、いまちょっと失念したけど、花のしぼむタイミングを見て、その日の農作業のおわりの目安にしたという、なんだかすてきだ。
シーズンオフを迎えたと思っていたボリジがまだ、ちょこちょこ、咲いている。…どうもこの花も天候をみていたような気がする。


少し前の話だけど、おとなりさんがボリジを気に入ってくださったようで、「きれいですねえ~」と声をかけられた。

花もよろこぶと長持ちをするのかもしれない。

オレガノ、アカツメクサは、楚々と可愛らしく咲きはじめた。

  2016/07/20   xyz

受容力

image.jpeg

贅沢ボート。

 

週末は、梅雨明け?  と勘違いしたくなるほどの晴天が続いた。雨風から難をのがれたハーブたちをいたわりながら、水を撒いている。

カマキリは、おとといの金曜、旅に出るようにいなくなった。不思議な前触れがあったのだけど、証明するには、もう少し後にならないとできない。

あと、私はまだ、Kちゃんのこと、身内に伝えられていない。悲しむのは目に見えているから、会って顔を見て話そうと思う。どうか受容力が残ってますように。

 

お知らせされていた移設メンテナンスは今朝方完了していた。

おかげさまで大きな不具合は見られない。こうした運用(ホスティングインフラといわれるそう)については、近々福岡市内で講習会があるので、少しでも齧っておきたいと思う。いち管理者として。

  2016/07/17   xyz

休題

 

image.jpeg

 

豪雨後復活したアップルミントと跳躍準備中のカマちゃん。

び、美脚......

 

水曜日の夜明け前から雷をともなう激しい雨が降り出し、初めて、カッパを着て庭に出るようなことがあった。

台風のなか、心配で田んぼや畑を見に行くお年寄りの気持ちが、ほんとによくわかった。

人のことは言えないわ、と、ね......。

午後、ふっと雨がやんだのを機会に投函物を抱え郵便局へ行くと、たくさんの人がならんでいた。

  2016/07/16   xyz

朝がきて

image.jpeg

 

雨上がりに、ぱっと咲いたチコリさん。あらら、励ましてくれたのかい?

大丈夫。ちゃんと仕事してるから。

ちょっと見逃しているうちに、あちらにもこちらにも蕾つくって、これからにぎやかになりそう。

 

土曜日曜の朝は続けて、トイレから、「おーーい! 早く!」と新聞の一部を渡された。

なに?  選挙のこと?  といぶかしげにしていたら、凛々しい弦くんの横顔が目に飛び込んできて、わああと、その場で小躍りした。

土曜は、番組欄下に、楽しみのドラマのカラー広告を見つけてくれて......だった。

 

これからは、隣人さんじゃなくて、うちのマネージャーさんって呼んじゃうか?

  2016/07/11   xyz

薄荷

 

 image.jpeg  

 

 image.jpeg

 

 image.jpeg   

 

あの日の  幼いままのKちゃんへ

次に逢う時は  あなたがホンマのお姉さんで  どう?

ごっこやないで  約束やにーー

 

 

本館で貸し出し中だった本が、分舘で借りられた。

取り寄せや本の返却も相互にできるというのだから、有難い。新しめの2冊を先に戻した。なるべく早く返したいと、つい思ってしまう夏休み前。

  2016/07/08   xyz

爽快感

さーーさーーのーーはーー、さーら、さらーー

これまで、数ヶ月にわたって元気に咲いてくれたボリジの花が、いよいよ、シーズンオフに入りそう。

青・紫系つながりで、フリンジラベンダーは、ミントの陰で、徐々に伸びている。 一度一本だけ咲いたけど、それきり。 病気知らずで順調だからいいけど…。 ブルーベリーは15粒ほど収穫できたところで、元気がなくなった。きっと、いきなりの暑さにまいっている。

あと、暑さに弱く半日陰を好むというキューピッドダートやブルーミストフラワーもこれからは要注意。 手のかからない優等生こそ気をつけなくては。

 

cupu.jpg

それにしても汗がでる。前回の稽古では、終了時に、下の服(ぼかす)がまさにしぼれるくらいだった。

ここまでくると、生まれ変われたような爽快感がある。が、ぼちぼちにして、気をつけたい。

昨日午後は、急ぎの案件で調べもの。調べものはまったく苦にならない。

総合図書館で本を借りがてら涼み、ついでに遅いランチ。「特撮・SF大特集」展を開催中なのだが、うっかり忘れて、素通りしてしまった。

  2016/07/07   xyz