◇菜◇

2016年11月

確信

福岡は温かい日が続いている。

そのせいか、ブルーミストフラワーの開花がピークに。本来は9月や10月の秋口が旬ではないかと思っている。ちゃんと調べてはいないけれど、そんな疑いをもつほど陽気な雰囲気が漂っているから。

​このところ、書き手としてのわたしは、ほぼ自己管理ができていて調子がいい。
​あるかたの言葉のおかげでもあるのだけど……、風邪もおののいて寄りつこうとしない。

​いまの仕事を天職と思える理由が、自分のなかにちゃんとあるのはとうに判っていたけれど、環境が変わり、それへのアプローチが易くなったのと、こうありたい、という気持ちがいよいよ固まってきたからだ。そのことを再確認しながら、原稿に時間を割いている。

  2016/11/20   xyz

尺度

 

namosiranu.JPG

 

ささやかなことを喜んでいけないのなら、

ささやかなことを哀しんだり怒ったりもいけないことになる。

 

他人さまからすると、

「(恵まれているのに)そォ〜んなことが哀しいんだね?」って思う場合だってあるだろう。

 

ヒトの尺度はさまざまだから面白い。

自分だけが……と がまんするから、恨めしくなるのかもね。

 

  2016/11/15   xyz

前触れはない

朝と晩の冷えに加え、昼間のお天気が続くと、鉢がかたく乾いている時がある。

一昨日は、前触れもなく、前出のガクアジサイが枯れかけたのであわてた。かえって水まきのタイミングが難しくなった。

 

またちょっと菜から離れるけど、身近な話題をひとつ。

 

昨晩は家族の不在中に、家電の不具合か漏電かで、これまたなんの前触れもなく停電。まだ7時前なのにうちだけ真っ暗闇になった。

漏電ブレーカーをおこしてもすぐに遮断される。家電ブレーカー(業界用語は 子ブレーカー)の配置についてはこんな時のためとプリントアウトしていたのに、その紙一枚をどこかにしまいこんでいる。九電の近くのコールセンターに問い合わせながら、手さぐりでひとつずついじると、落ちたり落ちなかったり、いくつかがあやしい。でも明かりも届かない見えない。

コールセンターが担当者を手配してくれるという。が、この時間、到着までには時間がかかるだろうと思い、義父に相談したら、会社の当番の人(走り屋ヒグヒデさん)を呼んでくれた。とても有難かった。

 

結局、九電担当者も30分で来てくれ、くわしい原因は解明中だけど、すぐに来てくれるだけで、どんなにか有難いと思った。

わたしのちいさなあたまのなかは、冷凍庫のなかみの心配ばかりだったというのに。

  2016/11/06   xyz