◇菜◇

2017年の"菜"もよろしくお願いいたします。

知識のとぼしい菜園づくり初心者が、自身の庭いじりの近況や日常のふと感じたことをつづる(ことにした)ブログ通信です。

 

ヘーゼルナッツ

のにおいのゼラニウム。

誰に教えられたわけでもないのに、それぞれの個性があり楽しませてくれる植物ってすごい。

 

IMG_0697.JPG

 

色々立て込んできて、ちょっとアセっておりますが、

その前に、熊本で深呼吸してこよっと。

 

お義母さんにGWの予定を伝えると「わたしはなーんも予定ない。あんたたちと箱根にでも行きたいね〜」と言われちゃった。このあいだ義父と船旅を終えたのでお疲れかなと思いきや、ほんとタフ。今回はごめんねえ。

 

  2017/04/23   xyz

オリオン

 

IMG_0680.JPG

​ねぎ坊主、ちょっとお手入れしないうちに、咲いてしまった。

もう食べられないのかな?

シソのふたばがあちこち出てくると、もうね、ムシたちとの戦いが始まる予感しかない……。



​そして、ふるさと納税のあやかり品で、今宵は、オリオンビールをいただくのだった。まだパソ前で奮闘中だけど、楽しみ。

オリオンといえば、恋人のアルテミス女神の矢がつきささった悲劇を想う。挑発にのっちゃったんだよね。……挑発ラブだよね。

 

  2017/04/20   xyz

♪ いちねんせい~

 

「桜がさいたら、いちねんせい~」
 

義父が初孫(わかれた姪)にうたってあげていたのをふと思い出した。わたしが新米ヨメの、もう20年以上前のこと。

 

春をむかえる花……、物語の「マツユキ草」をなにげなく思い浮かべたり、そうした花々は、やはり、”使者”の役割もあるなあ~~と。
今年のように寒さが長引くと、ほんとにそう思う。

 

いまのわたしは、

一日一日を精一杯、家族や親しい人や自分が笑顔でいられるように過ごしたいと思っている。

あ。もちろん、読者の子たちにも、できれば、そうしてあげたい。
それがいちばんの、よろこび。

 

 

IMG_0637.JPG  IMG_0639.JPG  IMG_0645.JPG

 

  2017/04/13   xyz

カフゥん

 

IMG_0609.JPG

 

春らしい晴天に、わああいと喜んでいたら、外周りの人が、「カフゥんがっ、カフゥんがっ 」と言って、あわてて、おクスリを"摂り"に帰ってきたという...。

 

無邪気にすみません。

カフゥん症で、来福の方はご用心を。

 

  2017/04/04   xyz

学び舎の春

 

IMG_0549.JPG

(画像は撮ってもらいました)

 

花冷えとはよく聞くけれど、あまりの寒さに凍えている。

開花しかけた花たちが、引っ込みがつかない感じで咲こうとしているのを健気に感じる。

 

このところ、稽古での薄着の時も、なるべく注意をしているのだけれど、予想を超えた寒さに戸惑う。体調をくずせない予定も入ってくるのだからね。

 

日曜の審査では、かなり残念なミスがあった。

最終週は詰めてお稽古してきたものの、それまでの鍛練が足りなさすぎたと思う。不準備からの結果として受けとめている。(皮肉だけれども、こうした経験が、リアルなネタにもなるというもの)

  2017/04/03   xyz

3月咲く

 

IMG_0500.JPG  IMG_0499.JPG

 

水玉がのっかって、さも、前からここが定位置みたいな顔(葉)をみせているのは、ハニーサックル・セロチナという長い名前の若葉。もしかしたら初登場かも。

妖精が輪になってダンスしているふうの花が育つようなんだけど、我が家の妖精はまだまだかなあ。咲きそうなのは、フリンジラベンダー。あと、ワイルドストロベリーが開花中。

 

 

‪「大塚さんは(大学の)卒業式出らんの?」‬
とお稽古仲間にたずねられ、そういえば、入学式も長男ん時は行ってなかったなァとぼんやり思いかえす〜 ✿

 

本人が「もうおとなだから」と断るし、卒業アルバムも、高い! 不要!  と言いだしたくらいで......なら、わたしもいいか〜と思いかけてたところ、お義母さんがあわてて「写真撮りなさい。わたしが欲しいから買いなさいよ 」と言ってくださったのよね。(1月の話)

 

卒業式、こっそりノゾキに行く手もあったなあ。

 

  2017/03/19   xyz

ハート

 

おとなりの、ツバキさんから、ポロリ。

 

0370.jpg

 

家の裏の死角には、壁をつたって、つる性の植物がはいながら冬枯れをしていた。

いままで気づかなかった……(にも程がある)

 

鉢植えのハーブには、枯れ枝の先に、緑色の新芽がちょこちょこふっくらと。

また春が、うちにもきてくれるのね。

 

  2017/02/27   xyz

雪化粧

お化粧中に片手を広げて「さあ、どうぞ」と言っているみたい。

 

yukigesho.JPG

 

「ありがとうございます~」

むしゃむしゃむしゃ。あー歯にしみる。あーー冷たい。

 

 

だいじな人が深い底に落ちこんでいるとき、なぐさめの言葉はどんなにつくろっても見つかりはしない。

悲しい気持ちは、少しずつ、分けあって、ついばむ。

浮かべ、浮かべ、そのうちに、と。

 

 

  2017/02/13   xyz

野生苺

はや​2月。北の寒い地方は雪で大変なのに、今日の福岡は日差しも温かく、春節らしさを感じられるほど。

夕方、なじみの河畔で、校外学習の子たちが列をつくって学校へ帰っていくのを見送った。

 

 

go2.jpg go1.JPG

 

画像のハーブは、ワイルドストロベリーという名前。育てている方も多いのではないだろうか。

昨年春に、イエロー系の小さな実が一度ふた粒育ったけど、あとは年中こんな感じで寒さにも強い感じ。今日手入れして、小さな新芽が出ているのに気がついた。一応、バラ科である。

​一応というのはバラを育てたことがないわたしでもチャレンジできるバラのなかまだよ、ってこと。

いつもは、寒さしのぎ(になるのかな?)に鉢の土には枯葉を敷きつめたままにしている。

 

  2017/02/02   xyz

おんなじだよ

 

IMG_0052.JPG

 

‪排除がどうのというけど、貴女(明確な相手はいません)だって自分の趣味にちょっと合わないだけで、すぐ排除したり蔑んだりするやん?  と言いたくなるわ...‬...

まあ、もうそういうのには、疲れたから。

日本のどこかでも、あの方の鬼面が発売される時分だろう。
お豆、いくつあっても足りないかもしれない(もったいない)。

 

  2017/01/30   xyz
3月 2017年4月 5月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

カテゴリー一覧