◇菜◇

2017年の"菜"もよろしくお願いいたします。

知識のとぼしい菜園づくり初心者が、自身の庭いじりの近況や日常のふと感じたことをつづる(ことにした)ブログ通信です。

ただいま、表示のしかたをテスト中です。

 

ミリの冒険

ライムゼラニウムにいた子カマキリが、けさは、アップルミントにいた。

ライム...から、ミントまでの距離は直線で約2メートル、子カマキリの体長からすると、どのくらい移動したことになる?

なあんてことを考えてしまった。

 

稽古後の筋肉痛に喘ぎながら、2日ぶりにFBを開いたとたん、数行の詩歌が目に飛び込んできた。

誰からも侵されず、整地されていない、魂の歌だった。

たまたま見かけたのも何か意味があるのかも。あの歌の響きに1ミリでも見倣おう。

 

image.jpg

  2016/06/04   xyz

かの庭に

先日の日曜日、バレー観戦を待っているあいだ、サザエさんをぼんやり見ていたら、波平さんの向こうの庭に、アヤメ(かショウブかカキツバタ)が咲いていた。


いいもんだなぁと、こんな風に毎日ハーブを観ていなかったら気がつかなかったかもしれない場面だった。

アヤメ(かショウブかカキツバタ)かは区別できなかったけど。



さて、うちのアジサイ、こんぺいとうさんの花部の剪定時期がちとわかりにくい。

(まだ…6月いっぱいくらいは大丈夫でしょうか。教えてください)
昨日、水をたっぷりかけていたときに、何かがシュタッと飛び出してきて、一瞬、ホースの先をあさっての方向に飛ばしてしまった。
ヤモリだった。


ライムゼラニウムの葉には、生まれてまもないカマキリの子がいた。しっかりカマで威嚇された。

 

image.jpeg

 

  2016/06/02   xyz

ぼんぼり

ジャーマンカモミールは、白い花びらが落ちたあとも可愛いらしい。

細い茎はそのままに、黄色いぼんぼりをいくつも灯しているように見える。

一年草なので、今季はこの株で枯れてしまうと思うけど、次の季からも楽しみにしよう。

 

明日で5月は終わり。仕事を調整して肩の荷が軽くなったせいか、近年で最も誕生月を落ち着いて受け入れ過ごせたように思う。さみしいお別れをのぞいて、ね。

6月生まれの隣人さんは、あと◯年(ひとけた!)で引退したいと漏らしてくる。どうしよう。でも気持ちはわかるから、バトンタッチに備えて今は体力(体幹?)づくりをすることにしようかなア......。

  2016/05/30   xyz

やっぱり

スクエアのシソは、少しずつ、順調に育っている。

一部を鉢に移して増やそうとしたら、こちらは早速小さなムシたちに見つかり食べられてしまった。

幼い葉は特に養分いっぱいだから、きっと美味しかったのね。

 

昨日の稽古は、早退扱いにしてもらい、少しだけでもと出席してきた。

夕方、定期の点検をお願いした車が帰ってくるのを待っていた間、うたたねをしていたようで、訪ねてきた友人が(携帯鳴らして)起こしてくれた。

預かりものを引き受けて、私も集まりに出かけた。

 

今日は体育祭という。どうか、雨があがりますように。

 

  2016/05/28   xyz

タイム

クリーピングタイムの花がひとつだけ咲いた。

タイムは、ひとつでは、それとわからないくらい小さな花を咲かせる。

枝ぶりも細かく、地面に着かず離れずの低空飛行でゆっくり領地を広げていく。なんだか目が離せない。

 

今日は長年お世話になっているお寺のご住職、若坊守さん(と書くと堅く聞こえちゃうね、私にとっては親戚の優しいお姉さんみたいな存在)方と会食の予定。

他にも急な知らせが入ったので、お稽古は、初めて、欠席届けを出そうと思う。

  2016/05/27   xyz

この歳

雨上がりの軒下の風景にも慣れてきた。
今朝は、アリが何匹も、鉢のあいだをうろうろしていた。まるで事件後の捜査をするように…。ゆうべ、何があったのだろうね。
だんだん虫の観察日記になりそうなので、ここは、想像までに。

先日、おだやかに誕生日を過ごした。この歳が近づくまでは、祖父の口癖になっていたという言葉をたびたび思い出し、しんどい日もあったけれど、おかげさまで無事に迎えられ、そして、アッサリこえてしまった。

若い頃の母はもっと苦しかったのだろう。最近、仄めかしがやわらかくなったのが救い。過去に、石に変わった言葉も、糸のようにほどける時があるんじゃないかと思う。

 

祖父は風流人でとりわけ所作の美しいひとだった。いま、祖父が遺した盆栽を、父が愛でている。

  2016/05/25   xyz

様子見

7月の暑さ(とラジオから聴いた)の昨日。

高温に弱い鉢植えのハーブたちがぐったりしていたので、日陰に置いて出かけた。

今朝、スクエアのミントに、テントウムシの幼虫(6足で小型のヤゴ似)っぽいのを数匹みかけた。.....っぽいというのはまだ小さくて判別つかないから。様子見。

 

さて、新入りのアジサイは、静岡で改良されたガクアジサイの仲間なんだそう。ふちのある青紫色なので、スクエアに移したら、ひょっとして、色が変わる?    

チコリがなかなかタフなことから、アルカリに傾いた土壌であるのはわかってきている。そして、極力自然のままに育てるのがお約束(お達し)なのだ。

 

image.jpg

  2016/05/24   xyz

こんぺいとう

ひょんなことから、「こんぺいとう」という(種の?)アジサイを育てることになった。

アジサイは、土が合わなかったのか、一度ダメにしたことがあるので避けていたのだけど、剪定さえきちんとすれば植え替えも大丈夫という。信じてみよう。学生の頃は山で見かけるガクアジサイがとても好きだった。

 

雨にうたれたチコリは、すぐに立ち上がり回復したし、カレープラントもアブラムシに集られながら、咲こうとしている。

 

  2016/05/23   xyz

頭痛薬

ジャーマンカモミールがぽつぽつと咲きはじめる。

花を摘みとりハーブティーにするほどはないから、今はもっぱら鑑賞用ね。

image.jpg

 

この週初めは、定期的にくる頭痛が若干ハードで、頭痛薬に頼った。酸欠が主な原因なので、鉄分ふくむとたいていは治るものの、稽古ごとも入っていたので調整した。

 

軽く身体を動かし、呼吸を整えているあいだのほうがずっと休まる場合がある。こんどもそれに当てはまった。十代の頃は(少々の頭痛くらいなら)泳ぎもしたけど、細胞から違うと、自覚はしているからね。

とりあえずあと数日は、オレガノの効用に頼ってみよう。

  2016/05/19   xyz

対策?

カレープラントの根っこが、なんだか、煤けてもやもやとしだした。これはアブラムシの襲来か?  と調べてみると「蒸れ」に注意とあった。

それでなるべく乾燥させていたら、こんどは急に先からしおれてしまった。慌てて水をやり、しおれは改善されたけど、もやもやは無くならない。牛乳を希釈したのをスプレーすると保護膜ができてよい、という話もきいた。やってみよう。

 

ミントに来てくれたテントウムシが退治してくれないかなぁ。

  2016/05/16   xyz