ブログ

2016年

よいお年を

このブログに遊びにきてくださる皆さまへ。

いつも支えてくださり、感謝でいっぱいです。

今年はおかげさまで6冊の本を出していただきました。

前半、不調が続いた割に、こうして書き続けていられるのは、なんとしみじみ幸せなことかと思います。

来年、最初の新刊は1月27日発売予定です。

製作中の絵を見せていただいたときに、とても力強い「可愛らしさ」と印象を受けましたので、きっと楽しみにしてくださる方々にも、このドキドキが届くと思います。

また、フレッシュな企画を携え、各地区の文学フリーマーケットに初参加してみようと準備中です。

 

長所なのか欠点なのか、わたしはいつまでたっても色んなことをやりたがりな性分で、チャンスになるべく甘えず、努力を怠らず、引き続き、新しいことにも挑戦していければ......と思います。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。よい年をお迎えください。

 

image.jpeg

illustration ニシノ ミサ

≫ 続きを読む

  2016/12/29   xyz

詩音さまより

ふた月近く開きまして、ご無沙汰しました。

この間、原稿を長短4本書いておりました。書評原稿もあったり、それぞれ行程が異なるものです。今後色々クリアできて、順調に発表の際にはお知らせしますネ。(過去ログに、東京国際ブックフェアへ出展していただいたことを報告しようと試みた形跡だけは有ったので先にアップしました)

また、プライベートでもちょこっと立てこんだりしていました。

今回は『弓を引く少年』の感想を珍しくメールで頂き、内容も作者冥利につきるもので、ひとつご紹介させてくださいね。掲載の許可を頂いていて、ほぼ全文になります。

 

 

「弓を引く少年」拝読しました。 流鏑馬、以前から興味があって!! ますます本物を見たくなりましたよ。 また、ハルオジ。 仕事で、アルコール依存の方やご家族に応対したりするんですが、よく勉強されているなぁと思いました。 ハルオジが少しずつ自分を取りもどしていく様子に、その方たちへの希望が見えるようで、嬉しかったです。 この本、続きが出そうですよね。 弦くんが流鏑馬に出るところまでは追いかけていきたいので、是非是非続きも、宜しくお願いします!! (全く関係ないんですが、以前天神に「弦」というフランス料理屋さんがあって、今佐賀市に移転しているんですが、弦くんと、そこのシェフさんが、物事を追求しそうなところや真面目そうなとこなど、何となく重ねてしまいました~笑~) 変な感想ですみません(汗)。

 

――パワーをいただき嬉しかったとお伝え後、 感想を公式ブログに載せてかまいませんか? とおたずねしたところ......

 

早目に買っていたんですが、なかなか読む暇がなくて手に取るのが遅くなっちゃって。 でも、読みはじめたら一気に進んで、「満足した~!!」という感情のまま書いちゃったんですよ。 なので、あんな感想でよかったら、遠慮なく使ってくださいね(ハンドルネーム 詩音)

詩音さま。感想を届けてくださり有難うございました。北部九州も急に寒くなりましたね。師走月ももう残りわずか、どうかご自愛くださいね。

 

年末の皆さまへのご挨拶はまた後日あらためます。

≫ 続きを読む

ソーサク部屋   2016/12/16   xyz

ヤングアダルト出版会

ヤングアダルト出版会さまより、『東京駅をつくった男』を9月開催の「東京国際ブックフェア」(http://m.bookfair.jp)へ出展いただきました。

(この記事は11月に更新しようとして、未公開のままでした。12月16日付)

 

≫ 続きを読む

ソーサク部屋   2016/11/15   xyz

とんだおきゃくさま

このたびの、鳥取方面の地震のお見舞い申し上げます。

鳥取倉吉は、学生時代のなかまと過ごした思い出の場所でもあります。どうか、これ以上の大きな被害やお怪我がありませんように……。

 

先日、年末年始のご挨拶(遠慮します)を受け取り、もうそんな時期かとハッとしました。
身近な皆さまには、明けてゆっくり、代わりのメッセージカードを送らせていただこうかなあと思っています。きちんと決めたわけではありませんが…...
こちらは、夏にお届けのカードを、イラストレーターのニシノさんがおしゃれにアレンジしてくださった分です。

( 文 大塚菜生 絵 ニシノ ミサ ) #カード絵本

yamichi.jpg

※カード絵本のページは、来年より、あらたに開設します。

≫ 続きを読む

ソーサク部屋   2016/10/23   xyz

結局は、ドラマの話

 

image.jpeg   image.jpeg

 

「君の名は......? 」

「すみれです。

 はじめまして、愛しています」

「ひっ!  いきなり過ぎるっ(激しく動揺)」

 

 

             〃〃〃〃〃

 

近いうちに、長編を書きあげなくてはいけないのに、肝心なときに、眠たくって眠たくてたまらないのです。 やる気はありますし、これまでの自分史に残りそうなくらいの打ち込みっぷりなので、お仕事方面の皆さま、どうぞ見捨てないでくださいませー。

事務的仕事では、どうしてこんなに書類を出さなければいけないのかと、最近よく、ぶつぶつ言っています。 マイナンバー関連など、貼ってすぐ出せますよーなんて体裁までは非常に有難いんですけどね、そのような個人的なものを、簡単な手続きにしてしまっていいのかなという葛藤が別に起こります。

私の耳のそばで、藤原竜也氏がね、叫んでいるんですよ。

 

この頃、ふと思うのは......事象に対して、しんから認めていなかったり理解していない人が、無理して迎合するのは違和感があるし、ボロが出てくるし、なんだかかえって息苦しそうに見えるということです。

それなら、自分の感性貫いて、NOを言い続けましょうよ。

傷ついた、と主張する人が、じわじわと周りの人の想いを搾取したり傷つけていることに気づかない点で残酷なのと、よけいに自分を傷けているのも、しんどいです。  ←ハルオジみたいな人ですね(『弓を引く少年』)

 
もっと自分自身を守りましょうよ。
大事にしましょうよ。
 
 

≫ 続きを読む

ソーサク部屋   2016/09/19   xyz

残暑お願い申し上げます

 

image.jpeg image.jpeg

 

「時かけクマちゃん、お願い。遠いお空ばかりみていないで、わたしをすこーしだけ、過去に戻してくれないかなあ」

「すこーしって? 」

「えっとーー10日ばかし」

「原稿 はかどらないのは、おなじっしょ!!」

「が~~~ん crying

 

 

             〃〃〃〃〃

立秋過ぎたら「残暑見舞い」なんて、毎年、違和感ありますよね。

暑いなか、皆さまお疲れさまです。学生の皆さんは、夏期講習や補講で夏休みが短かったり、毎日、汗びっしょりかきながらの部活の練習だったり・・・、

少し大きいお兄さんお姉さんは、フェスや夏の催事場でのバイトなど、かえっていつも以上に忙しいかもしれませんね。でも皆さま、この暑さでの無理は決してなさらないように。

外出時は、似合わなくても帽子はかぶり、水分やミネラルもマメにとってくださいね。

くれぐれも、怪我などがないように、自分のからだをよく休めつつ、残りの夏を楽しんでくださいね。

 

お知らせです。

8月11日、「山の日」の西日本新聞に、ふたたび、『弓を引く少年』(国土社)の記事を載せてもらえる予定です。購入されている方は、見てくださるとうれしいです。

 

 

≫ 続きを読む

  2016/08/08   xyz

キャンペーン予告

サンリオキャラクターえほんシリーズ 『リトルツインスターズ ふたごのキキとララ』 (KADOKAWA アスキー メディアワークス) の「ミニ」がいよいよ発売されます。7月8日が発売日です。

アスキー メディアワークスさんの、今月のカレンダーに掲載されていますので、のぞいてみてくださいね。

http://asciimw.jp/calendar/

 

大型版がおかげさまで好評をいただいているということで、発売された新展開のサイズです。
こちらの絵本、小さなお子さんも抱きしめられるくらいの可愛らしい大きさです。その上、重量感のあるハードカバー仕様ですので、丈夫です。少しくらいの雨(ガジガジしてのよだれ、おもらし等々)にぬれてもだいじょうぶかと思います。

大型版ふくめ、これまで発売の絵本をお手にとって下さった皆さまに、末長く、愛されますように☆☆ 

(ちょうど、七夕ですね……)

 

6月には、『弓を引く少年』(国土社さん)の感想を二通届けていただいています。ツイッターでちょこっとお知らせしましたが(いいね もたくさん有難うございます)、どちらの感想も、物語をしっかり抱きしめてくださったのだなぁと感じる内容で、本当に本当に、嬉しかったです。これまで、感想や書評をブログや投稿サイトに載せてくださった皆さまも有難うございます。ツイッターでも時々チェックはしていますが、サーチ力がとぼしく、見落としがあるかと思います。

あ、でも、おせっかいになるような干渉はしないように、心がけてはいるつもりです。これは、ほかの反応反響にも言えることですね…。

すぐの返信をご希望でしたら、この公式ページの「お問い合わせ」からも、感想やご質問等は受け付けておりますので、よかったら、ご利用くださいませ。出版社さん経由で送ってくださっても、もちろん、有難いです。

 

そして、『弓を引く少年』発売にちなんで、これからの夏のご挨拶シーズンに、日ごろお世話になっている方々に、ささやかなキャンペーンも始める予定です。

某ブログに常駐している「ヒマそうな」あの子に、活躍をしてもらおうと思っています。

それを受けて、近々、ツイッターのアイコンが変わる予定ですので、現在広告塔になってもらっているおなじみの「チャンリオ金吾さん」が見あたらず、「あれれ?」と思うかもしれません、先にお知らせしますね。

(※追記   このミニキャンペーンは終了しましたが、今後は「カード絵本」として展開し、続けて参りたいと思います。またどこかでよろしくお願い申し上げます。)

 

プライベートの近況としましては、5月から短期で始めたお稽古の延長(フォローアップ鍛錬)に加えて、鈍くなる一方の感覚を鍛えるために、苦手と思い込んでいたことに初挑戦したり……、どちらも、やってます! という程取り組んでいるわけではないので、ここで公にはしませんが、身近なところでは、スマホに頼らないようにして知らない街をぶらぶら歩いてみたり、なるべく頭やからだを使って動くようにしています。

足腰の弱体化は防げますが、色々動いていると、かえって食欲が落ちないので大変なことになりそうな予感! です。

 


皆さまは、どうか健康的に、暑い夏を乗り切ってくださいますように。

 

 

 

≫ 続きを読む

ソーサク部屋   2016/07/03   xyz

点訳本に

地震の影響をさほど受けていないのに、このところ創作ペースが落ちていて反省しきりの大塚です。こんにちは。

 

(おそるおそる…)新刊はお手にとっていただけましたでしょうか。もしお手元にありましたら、感想など、ビシバシ遠慮なく送りつけてくださいね。

http://jibunkyo.main.jp/index.php/newbook/archives/13

 

さぁ、創作方面の明るい話題としては、来月の予定で、KADOKAWA&サンリオさんのキャラクターえほんのミニ版が、キティちゃんの分につづいて、また1冊(1キャラクター)、発売されます。

どの分かは公式を待ちますが、このミニ版は編集さまいわく、「増刷と同じと思ってください」とのことですので、そこそこ動いているのかなぁと、ほんとにちょっぴりですが、安堵しています。買ってくださった皆さまほんとうに有難うございます。

http://cp.dengeki.com/book/sanrio-ehon/

 

キャラクター愛って凄いものでしょう? だから、その想いを踏みにじらないか、いつもヒヤヒヤしながらも、かつ、多面的な愛らしさを見せたいという思いは大事にしています。

 

あともうひとつ、近々新しい進展もありますので、こちらもお楽しみにしていてください。そう、創作ペースは落ちていましたが、この件で一所懸命、日々、あーだこーだと勉強や研究はしていましたよ、わたくし。

ぜひ、これからも応援していただけたらなあと思っています。

こんな風に報告してみるととても順調に見えるかもしれませんが、行き詰っている作品も、しっかり! ありますからね……。でもですね、お仲間が、生みに苦しんでいるとか、〇年もかかって上梓に結びついたとか聞くたびに、私もしっかりやろうと思いなおせます。つねづね能力不足は自覚していますから、尚更工夫して取り組まないと、大切な物語が、日の目をみることはありませんものネ。

 

そして、有難いお知らせです。昨年、『どんぐり銀行は森の中』(国土社)の点訳本が、大阪YWCA 点字子ども図書室の蔵書になったことに続きまして、『きっと泳げるよ、カバのモモちゃん』(汐文社)が、高知の点訳図書館の仲間入りをさせていただきました。(※ 女性や子供に開かれたYWCAの活動は、かの朝ドラのヒロイン広岡浅子さんが創設に関わっているということでも、嬉しいです)
点訳ってとても手間がかかる作業と思いますし、ボランティアでしていただいていることもありますよね、きっと。畳にめりめりと前頭
をつけてお礼を申し上げたい気持ちと身の引き締まる思いでいます。

また点訳をしてもらえるような作品を書いてまいりたいと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 

6月に入り、じめじめ、日が経つにつれ湿気も多くなってきましたね。どうか、皆さま、体調をくずしがちな時期ですので、くれぐれも無理をせずにご自愛くださいますように。

≫ 続きを読む

ソーサク部屋   2016/06/02   xyz

猫を飼わない理由

 

過日、小川未明文学賞贈呈式では、受賞者の皆さま、華々しいお席にご一緒させてもらい有難うございました。もう、あれよと、ひと月も経ってしまい報告が遅れました。あらためましておめでとうございます。

また、審査員の先生、編集者さまや先輩作家の皆さま、お久しぶりの皆さま、思いがけずたくさんの方にお会いできて、「レセプション」(歓談中)は楽しいひとときでした。

 

小川未明文学賞は24回をむかえ、児童文学を志す者なら一度は挑戦しよう…してみたいと思う賞のひとつではないでしょうか。過去の受賞作には、知り合いの作家さんのお名前がずらりと並んでいます。3月28日より、ホームページに発表(「過去の文学賞」)されています。

 

私は約20年も前に3度応募して、1作が最終選考に残った縁で、ある著明な先生が気にかけてくださり、このごろは毎年招待状をいただきながら、なかなか休みがとれない職場にて出席がかなわず、ご辞退をいつも心苦しく思っていました。それは、福島正実記念SF童話賞・ジュニア冒険小説大賞贈呈式に欠席の際にも思っていたことですが、基本、福島賞(以後略)は、所属している創作集団プロミネンスが主催側ですので、受け止め方がちょっと違うのです。
その福島賞で、私のデビュー作を、最初に作品として受け取ってくださった岩崎書店の元編集者さまとも、未明賞の歓談ではゆっくりお話することができました。

 

生前お会いすることがかなわなかった、ご尊敬してやまない憧れの作家のひとり、大石真さんのあらたなお話しもうかがうことができました。(これまでも、大石さんを知る方を見つけては、思い出を聞きだそうとする迷惑なファンだったのです)、例えば、ある日の原稿のやりとりなど、ファンなら身悶えるエピソードに、がっつり、耳を傾けておりました。そんなこんなで、挨拶したきりでお別れしてしまったあの方この方、ごめんなさい。特に懐かしい方々とはもう少しお話ししたかったです。大変惜しいことをしました。

 

秋には、童話作家 小川未明にちなんだイベントもひらかれる予定だそうですので、こちらでも応援のご案内させていただきますね。

それにも関連する息子たちとのやりとりなども書きたかったのですが、あまりにも多くのことが短い期間に一度に起こったので、私自身が「まとも」じゃないような気がします__(もともとですか?)

書き残すとしても少し時間を置きますね。


上京中でしたっけ? 記憶があいまいです。

たまたま見かけた番組で、マツコ・デラックスさんが、猫を飼わない理由として孤独をあえて引き寄せたい(「...芸人としての私がダメになると思うの」)みたいなストイックな発言をされていたのが、妙に腑に落ちました。あ、でも、パチンコの玉のように引っかかって引っかかって「入りました~!」って感じです。

そもそも猫を可愛がるなどの情が足らないと思っている私も、書くことだけに関しては、近い感覚を持っているんじゃないかなアなどと親近感をわかせていただきました。でも、その感覚、最近はあらゆる面で甘えが過ぎていたためか、見直し時期にきているように思えるのです。気づいたのなら、メンテナンスが必要ですヨネ。

 

 

◇◇◇

「◇菜◇」というブログをあらたに加えましたことをお知らせします。ちょっと前から書いていて公開があとになりました。

≫ 続きを読む

ソーサク部屋   2016/04/30   xyz

それぞれの支援で

色々書こうと思ったことが吹き飛んでしまったこの数日です。

きちんとお見舞いを申し上げたいところですが、地域によっては、日が経つにつれ、落ち着くどころかますますの困窮につつまれているかと思います。九州の震源地、あるいは近い方は、身の安全を確保の上、ひきつづき用心をされてくださいますように。また、情報が錯綜するなか、さまざまに混乱するのは無理もないことです。「居てもたっても居られず」に行動をしている者(その気持ちとてもよくわかります)に対して、心配をするのならともかく、不必要な中傷をしたり足をくじかせるような行為はかなしいです。

福岡市でも、行政が立ち上がる前に、高校、大学の若者たちが、Twitterなどを通じてネットワークをつくり、支援物資の第一便を避難地区に届けていました。

私はそんな行動がとっさにできることを素晴らしいなと思いましたし、とても感心しました。現実には、大きなゆれは続いているし、交通もマヒしているなか、大変なことだったと思いますが、そうした行動が、避難所で「いま」助けを求めている方や「もう、ダメだ……」とうちひしがれている方々に、「よし、明日はしっかりしよう!」 などの前向きな気持ちを与えると思っています。

「冷静に」対処することがもちろん一番で安全なのでしょうけど、「冷静に」対処したことで「いま」を救えなければ意味がありません。

冷静に対処するのはプロにまかせておいて、それぞれのできるだけの支援をすればよいのではないでしょうか。

 

さて。私は、11年前に「福岡西方沖地震」(2005年3月、玄界島を中心にM7クラスの地震がありました)を経験していますので、震源地周辺とそのちょっと離れただけの温度差というか、同じ町内でも、建物の構造とか、地震道――これは別の正式な考察があると思いますが私はこの言い方好きです――で被害の差が大きく出ることを知っています。当時住んでいた家屋も、一部損の認定をうけましたが、通りをへだてたマンションや家は、程度にさまざまな差異がありました。屋根にブルーシートをはった家もあれば、外からは被害がないように見える家もありました。

そうして、こうした複雑な経験は、何年もたってすべてが片付き、気持ちも整理されてから言えることが多いのです。私の場合は、まずわが子の心の安定、住所を知られないようにしよう(空き巣や嫌がらせもこわい)、私の安易な発言で家屋や土地の評価がさがったり、近所の住人に迷惑があっては……などなど、考えた憶えがあります。九電体育館などの避難所に物資を届けたあと、最近ふいに聞くようになった「共感疲労」にひきずられる日々もあったと思います。今回は何度も大きなゆれが襲っていますし、それだけに被害も大きく、当事者は想像以上に複雑な局面に立たされているのではないでしょうか。ですから、理由があって一所懸命黙っていることに、「なぜ、言ってくれなかったの?」「こんなに心配しているのに」というような言葉かけは有難い一方でなかなかしんどいものです。まして、「大したことじゃないんじゃない?」などと勘ぐられたら深く傷つくでしょう。話せるときがきたら話してくれるのです。それまでは、どうかそっとしておいてあげてください。

 

まだ5年前のことだって整理できていない方々がたくさんいると思います。

この記事を読んで、少しでも共感するところがあったり、自分のことのように感じてくださったら幸いです。あるいは、「私はそうは思わないわ~」ということでも、それはそれで、新たな視点になればいいと思っています。

≫ 続きを読む

  2016/04/19   xyz