ブログ

ソーサク部屋

Jumpはできないからね

 

 

このところ、編集さまとの打ち合わせが密になってきました。(嬉しい悲鳴!)

別の取材も再開しています。お約束している分は必ず仕上げますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

年内出る予定だったのでは? と見積もっていたものは、連絡が途絶えています。

たぶんコロナの影響でしょうねえ。契約は一年半前になります。これが予定どおり出版されていれば、今年の関連の動きもずいぶんと良かったろうに、と思うことはあります。仕方がありません......

他にも、思いがけず、悲しいといいますか、腑に落ちない扱いを受けたりしたのですが、たまたまメールを交わしていた大御所の先輩に(お相手は伏せるかたちで)愚痴を聞いていただき、スッキリ軽くなりました。

長く書いていると、いろんなことがあります。

同業さんが直面する大抵の苦難は経験しているでしょう。

 

 

けさ方の三日月は、ちょっと一休みねー、とふきだしをつけたいくらい寝そべっていました。

にこちゃんマークのお口みたいに、にいっと笑っているようにも見えるし、色気をだすと、群青の海にうかぶ金色の舟か......というところでしょうか。

そのそばに寄り添ってるかのようなのは金星か…な。反対側の西空には赤々とした火星が見えていました。

 

児文協のネットワーク仕事を引退してから、食関係の職場に戻って早5か月が経ちました。もうそんなに経つの? って思っています。

前の職場を離れたときは、身内の介護も考慮してそろそろ低速で行きますか、リアル現場は引退じゃーと思っていたのですが、このコロナ禍で考えが大きく変わりました。

身体を動かせるうちはちゃんと動かそうと。社会への恩返しも考えました。

 

朝はご想像のとおりかなり早い時間に起きているのですが、生活リズムができたおかげか日々の体調はかえって良くなり自分にとってはいいことづくめ、ただ、職場では判断力や俊敏さに欠けるので、二十代や三十代のハツラツ世代にだいぶ迷惑をかけどうしです。

でもやっぱり新しい知識を教わるのは楽しいです。嬉しいです! 厚かましく老いては若きにしたがえでやっております。(……いやまだそこまで老いとらんつもりだが)

 

日常の充実とともに身辺があわただしくなってくると、親しい方にさえついご無沙汰しがちになりますが、何かありましたら遠慮なくお声をかけてくださいね。

 

 

utooutoo.jpg

 

 

ああそうだ、残念なできごとがまた一つ……エディ・ヴァンヘイレンが亡くなられましたね。

 

先の話題の中学生時、部活以外に「必修クラブ」という選択時間がありまして(たしか週一で5限か6限に入っていた)、クラシックギターを少しかじっているのですが、音感がないわたしは、ほとんど身につかなかったんですね。

ピアノも贅沢にオルガンから母親にすすめられて8年近くやったんですけど、なまけものが加わり上達は難しかったです。「月謝がもったいないよ~」と母に言ってあきらめてもらいました。

(その経験で、キティちゃんのストーリーは書けたのかもしれませんね。赤いピアノという設定はもともとのオリジナルにあったものでしたが。ピアノをテーマにと貴重な原画も見せていただいたんですよ。)

 

母は、昭和16年生まれです。

戦争にさんざんにふりまわされた育ち方をした身の上で、厳しい田舎の環境を経て、和裁洋裁生け花保母資格調理師資格等々、たくさんの知識を独学と実務から習得した人なので、フルタイムで働きながらわたしたちへの教育に熱心だったんですね。

母思いの弟はその多くの要求に応えていました。

 

課題のお稽古ごとはかなり無理してやっていましたが、ギターは好きだったようで、新聞配達でせっせこ貯めたお金でエレキを買って、ヴァンヘイレンの曲目をのびのびと完コピーしていたなあと思い出しました。

 

大きな人が亡くなると、心が酷くぽっかりと空いたりしますが、わたしは相変わらずのこのままです。またこつこつと一歩を踏みだすとしましょう。

 

 

ソーサク部屋   2020/10/15   xyz

中学校の校歌が

 


大牟田児童文学セミナー関係、ちょこちょこ進めています。

このところメールのやりとりが頻繁で、自粛モードでのんびりしていたボケボケ頭がついていかず、だれに返信してだれに返信していないかごっちゃになりそうです。もし届いていない場合はわたしが忘れているだけと思われます。「きてないよー」と言っていただけると有難いです。

今月17日開催、児文協の会員向けWEB学習会内のアピールタイムもお声をかけていただいたのですが、時間も短いようですので、WEB会議に慣れている、いずみたかひろさんにお願いしています。
 

絵本・児童文学で大牟田を元気にする会」の田中昭子会長からは、会報をいただいています。

まことに有難うございます。会報はまだ第2号です。会をお立ち上げになられてから間もないうちの、充実の活動と内容にあらためて敬服いたしました。

8月に中止になった講演会の代わりに、ミニ講演とセミナーの簡単な説明会をさせていただいたのですが、その件についても上手にまとめてくださってました。
わたしは話が飛びまくるほうで、多くは伝わっていない恐れがあったのですが、肝心なところは伝わっていたようなのでホッとしています。

サンリオ絵本シリーズがカービィ絵本シリーズになっていたり、14冊が14刷と伝わっていたなどはあり、それは訂正をここに書きますが、それもわたしの言い方がまずかったと自覚しています。

きちんと伝えることって難しいなあとあらためて感じた機会でもありました。今後の反省材料にします。

 

セミナーのチラシは、ただいま、福岡会員の皆さんも、ご自身の関係先や福岡市内の主要施設に配ってくださっています。

まだ警戒がつづくなかどんどん率先してはやりにくい面もあるかと思われます。ご協力を有難うございます。

 


30656AAE-D619-4D78-9B2C-76C3D5B32C08.jpeg 
先日、取材がてらドライブに出かけた県境で買いました。いびつだけど安価で美味しい大分産シャインマスカット♪ 

 

 

 

Twitterで朝ドラに触れたついでに――

三重県に住んでいたときの同級生たちのおかげで、通っていた公立中学校の校歌が古関裕而さん作曲ということを知りました! 話題交わしたのは7月だったかな。

言ってもらわなければ、知らないままだったんだなーと。(忘れないうちに書いています)


中学2年の夏休みに引っ越しましたけど、その校歌、いまもそこそこ歌えるので、自分が幼いときに親しんだ歌がそうだったのだと知ったときは驚きました。    ※幼い……精神的に幼いという意味で


近畿地方の中学校では三校のうちの一校だったみたいです。三重県の津市や名張市は、藤堂家の史跡が色濃くのこっている地域でもあります。歴史薫る町というのもご縁を引き寄せたのでしょうか。

それにしても、幅広くつくっていらっしゃったのだなあと思いました。

 

 

ソーサク部屋   2020/10/05   xyz

磯眼瞼

 

今週は、大牟田児童文学セミナーの後援(金銭の援助をいただくものではなく主に名義後援)のお願いにあがったりしていました。

要領をおぼえず、何か失礼があったりしましたら何なりと申し付けてください。

これから、申請の援助をしてもらいつつ、お願いする先もございます。

 

編集さまからはとても嬉しいお知らせをいただいています。

有難うございます。またひとつ目標が叶うかもしれません。一層、頑張ります!

 

 

Twitterの義父が運ばれた件、胃切除の後遺症もあるのかもしれない(12年前の話なので油断していました)と今後は夕食メニューの改善を進めようとしています。

夕食メニューを減らして一部高カロリーの補助食を加えるというもので、市販サンプルも手にとってもらったり、慣れてもらうために試食を始めたりと、色々考えていたのです。 (いまは高カロリーでおいしい嚥下食品等、入院せずとも、介護者が少しでもラクにできる商品開発が進んでいます)

 

ところが元気になったとたん、グルメな義母が外食に誘ってくるとです。

夫氏に乗らないように伝えるのですが

「もう先が長くないのだから好きなことさせりぃー」

と返ってくる。 あかんあかんそれがあかん! 

できるだけの予防策は講じないと本人がさらに不自由なことになるでしょう。

 

そもそも義母も、昨年のこの同時期危なかったところで回復したのを忘れているかのよう。 もともとコロナ禍に関してもなんど用心を伝えてもその場限りになり、つきあいに出かけてしまう無用心さがありました。

お誘い先にも何かあったら申し訳なくて......

 

でも食欲という欲は、最期を迎えるその日まで生きていくのにとても大切なものですし、どんどん子どもに還っているのだから、いちいち腹を立ててはならんバイと、わたしの気持ちはなんとか圧しころしました。 やれやれ。

 

 

タイトルの磯眼瞼(いそがんけん)はメールを書いていての誤変換でした。 どこかで急いでいたのかもしれません。 笑いました。

 

本日のお献立より...

 

041758AD-15D5-4244-A5D2-F682D744DF54.jpeg

 

 

ソーサク部屋   2020/09/27   xyz

チラシちらし中

 


またまた、ブログ、ごぶさたしていました。

ウイルスに大雨に台風と、サヴァイバル(まちゃあき氏のツウィッターに対抗)化している毎日ですね……

生きているだけでほんとうに偉いと思います。日々お疲れさまです。……涙

 

さてさて。
来年3月に大牟田市で開催予定の、児童文学セミナーの広告”チラシ”、FBやらSNSで早くも回してもらっているようなので、わたしのほうでもご紹介いたしますネ。


講師の方々のご理解と協力を得て、とても楽しみなイベントが決まりました!
じゃじゃーん

 

大牟田児童文学セミナーちらし.jpg

 

こちらのイベントは、日本児童文学者協会と大牟田児童文学セミナー実行委員会のメンバーが主催となるものです。

問い合わせもありましたので先にお伝えしておきますと、催し自体は、協会会員のみならず、一般の方どなたにでもご参加していただきたいということで、実行委員会のメンバーも会員以外の方にご協力をしてもらっています。


当日も、地理や施設にくわしい、大牟田市の方々にたくさんお世話になる予定です。いまその打ち合わせのやりとりを一つひとつ進めている状況です。

ツイッターやブログ等で一時、#チューリップ会議 だのなんだのと言っていたのもこのイベントのことです。

 

お借りすることが決まっている、大牟田文化会館のホールは、最大500名入場できるところを100名にしぼっています。
ほかの会場でもそのような配慮をしますので、あらかじめの定員が少なめなのが残念なところです……。
もちろん、状況が良くなれば増やす場合もあります。

 

チラシのほうはピンク版の在庫が予定枚数を超え、あわてて、グリーンバージョンを協会事務局の次良丸さんに刷っていただきました。おかげさまで、さっそくの重版です (^_-)-☆

今月発行の会員さん向け「Zb通信」でもお知らせがてら記事にしましたので、ネット環境が整っていない方にも、情報、まもなく届きますように……

申し込み用紙つきのカラー版リーフレットは12月に刷りますので、「早く申し込みたい!」とうずうずしている方も、それまでガマンガマンでお待ちくださいね。

 

 

 

★かなり遅ればせながら…6月のアジサイの答えは、1枚目の分でした。ハーブのゼラニウムの花と、通りがかりの道に咲いていたランタナも混じっています。



 

ソーサク部屋   2020/09/07   xyz

息ぬきに

 

 

no13321.jpg

 

 

ソーサク部屋   2020/04/12   xyz

無邪気

 

いつものことですが、朝昼晩と時間があればドラマが流れている我が家です。

家族に付き合って全部は観てはいられないので、耳で流していることも多いわけですが......

つい最近の放送でとても懐かしいピアノのメロディが流れてきたとたん、わたしの頭に浮かんだ文字が上のタイトルでした。

念のため調べてみたら、ブルグミュラーの「25の練習曲」のうちの、5番目の楽譜、「無邪気(Innocence)」でした。

きっと、なじみの方々も多いでしょう。

幼いころの記憶は侮れませんよね。

 

 

さてさて。

うかうかしていたら、わたしのほうも3月に予定していた上京と、この春口から予定していたワークショップの開催を当面は延期(あるいは中止)せざるを得なくなりました。

 

しょぼ〜ん。 ← ぴえん、は可愛らしすぎて使えない世代

 

行きたかったイベントや展示もあったのでとてもとても残念です。

そのうち、東京赤坂のマル秘展は都内研修中の息子のオススメでした。

 

「そういや、東京いくんだったやね」

「これいってみたら楽しいかも、お母さん好みよ」とーー

http://www.2121designsight.jp/program/inspiration/

 

おお、ほんとだ、面白そうだ。

よくわたしの好みが解かっているな息子よ、と。

楽しみにしてましたねー

幸い会期が延びたようですので、ワンチャンあるかもしれませんが......

(ワンチャンの使い方、間違ってないかしら? )

 

もう一人の息子のほうは、ただいまジューシーな手作りハンバーグ研究に勤しんでいるようです。

 

 

若者たちが眩しい。

 

わたしはほうけていくばかり。いやいやまだまだ負けんゾと思いながら。

 

今朝は、コストコで買ってきた有機グラノーラ(特大容量)を器にかたむけたところ、大量のビーフジャーキーを盛ってしまい、一瞬なにが起こったのか慌てました。

想像してみてください。

 

グラノーラの袋とビーフジャーキーの袋を間違えるとは...

 

ソーサク部屋   2020/02/27   xyz

アイコンつづき

 

前回の、アイコンづくりの続きを少し。

あなたはー この子たちをー 憶えていますか?

 

teletubbies3.gif     tere4.gif    tere2.gif    tere3.gif    tere.gif 

 

 

 

さてさてそうこうしているうちに、確定申告シーズンに!

 

平成27年分くらいからはサイト利用で更新するようになりラクになったものの、いつもなんとなく億劫な気持ちになっています。

令和元年分は、まだ通知が届いていないと思われる先を待っているところですが、来ている分はぼちぼち入力しておきました。

昨年はこの時期ヨーロッパへ行くことになって、準備でバタバタしていたので(2月19日に福岡を出たので)たしか16日くらいに提出したような記憶があります。

 

会社のほうはいつも税理士さんにお任せしているものの、秋に何年ぶりかの税務調査が入ってきて(やっぱりコレって急なんですね)、それも展示会やら義兄たちの予定が詰まっている直前だったので、それはそれでほとんど役立たずのわたしまで慌ただしい気持ちになりましたヨ。

 

 

2月3日は、義父がとても楽しみにしていたお櫛田さんの豆まきに参加させていただきました。

年男の義父の介添えと撮影係に徹するつもりが......(裃を着させてもらったりするので)義父が気前のいいことにわたしの分まで申し込みしちゃったので、「わたしはちがうのー、年女じゃないのー、福の神でもなんでもないのごめんなさいー」と心のなかで言い訳なんぞしながら、一緒に豆まきに上がらせてもらいました。

 

これでは義父の豆まく姿が撮れないなあー と思っていたら、顔見知りの方がちょうど参拝に来ていたらしくて、義父のベストショットを撮ってくださっていたようで、あとでご連絡をいただき驚きました(その方こそ福の神さまですね!)

色々ご親切に有難う御座いました。

 

45420E0A-1542-4771-AA8D-1551C2C8BB04.jpeg

 

 

あと、1月末にテレビの音声が壊れて、”テレビっ子”育ちの夫氏がその場で大騒ぎして分解をしていました。

この人はなにごともやると決めたら早く、直せないとわかったとたん新しい契約をさっさと進めてしまい、2011年くらいから保管していた秘蔵VTR~わたしコレクション~ が完全に観られなくなりました。しくしく(T T)

 

0C3C8105-11FE-4937-907E-BC4DBBF4224E.jpeg

 

 

ソーサク部屋   2020/02/11   xyz

心身をととのえて


1月も終わりかけですが、あらためまして本年もよろしくお願いいたします。

ツイッターで、大濠公園の福岡武道館移設の件をリツイートしています。


もう一年半くらい前になりますか。福岡市のNPO法人主催の会に出席して、写真家の方のお話をうかがったことがあります。

大濠公園には、四季を通して植物だけでなく、色とりどりの野鳥や昆虫がたくさんきていて、人には何気ない植え込みひとつにも生命のサイクルがあるという話を拝聴しました。
小型の野鳥なんかも植え込みがあるから、外敵から身を守り、生息できるそうです。


福岡武道館の解体と移設はもう決まったようですので、わたし個人が何かを言ったところで受け入れられるとは思いませんが、市のセントラルパーク構想の全体図案を見せてもらったところ、大型のバスの乗り入れもあるそうで(観光客誘致でしょうか?)、願わくばせめてもの、そういう方面の配慮をしていただけたらいいなと思い書きました。

公園設計のプロの方々を交えての新たな造園でしょうから、深いお考えはあるとは思いますが……



さてさて。
1月は行事も多くあり充実していた反面、身体への負担もあったと思うので、2月3月に向けて、心身をととのえて調子をあげていきたいと思っています。

創作方面では、昨年オファーをいただいた先から近況がわかるご連絡もありました。海外方面のご契約で本当に有難いことです。
とっても楽しみです。もうすぐ第一報をお知らせできるのではないかなあ~




おまけ

koro.png


年末に予備のサーバーの整理をしていたら、1999年ごろのイラストデータがごっそり出てきました。

一時期、ドットでアイコンをつくることにハマってまして(ソフトはペイント)、サイトまでつくっていたのです。
当時は二つ三つ掛け持ちの仕事をしていたうえに子育て中ですし、ほんと楽しくてやっていたことだと思います。

こういう遊びはむだと思われるかもしれませんが、のちのち、福岡の社団法人さまからオファーをいただき、ホームページ制作とキャラクター広報を任されてますし、自著『きっと泳げるよ、カバのモモちゃん』では挿絵も任せてもらえて、モモちゃん絵が誕生しました。そして、少なからず今の仕事にもつながっているんですよ。

 

それにしても、あの頃の体力カムバーックって気持ちです。
いまは、ひとつひとつをこなすたびに、えんやこら、ですものー。

 

ソーサク部屋   2020/01/29   xyz

花びらもちもち

 

hanabira.jpg




新年に、久ぁしぶりにつくってみました~



これまで触れたとおり、信仰には少し距離を置く背景がありましたが、稽古場にお供えの鏡餅が二週間以上カビずにいたのを初めて目の当たりにして、歳神さまは、確かに、お清らかにいらっしゃると思いました。

 

この年末年始、福岡は雨も降ったほうで湿気も多かったのです。

 

その方面にはかなり鈍感なわたくしでも、「大物」の気配を感じとりました。

 

ソーサク部屋   2020/01/17   xyz