ブログ

2021年

主催者共催者として

 

大牟田児童文学セミナーは、2月10日付の三者会議で開催が決定しています。

まだ広くは伝わっていないようなので、こちらでも再度お伝えしますね。

 

3月13日初日の全体会のあべ弘士さんをお招きしての講演会は、高校生以下は無料で、子どもの入場ももちろん歓迎しています。

ザ・キャビンカンパニーさんの「子どものためのワークショップ」が中止になったのは、子どもさんがうれしさのあまりはしゃいだりしてどうしても密になるのは避けられないという理由でした。

予定していた部屋は教室よりも広く、地元の方からのアイデアで、床にビニールテープを網の目のように貼って「ここはあなたの陣地だよ~」と遊び心を加えながらルールを決めたらだいじょうぶなのでは? など意見も交わされましたが今回は残念ながら見送られました。

新型コロナの感染状況も2月初めよりは落ち着いていますが確かに気をつけるべきところはそうするしかありません。

 

続いてのトークイベントも開催されます。

あべ弘士さん、椎原春一さん(大牟田市動物園の園長)、内田麟太郎さんの楽しいトークが繰り広げられることと思います。

<わたしも共催の1人でなかったらめっちゃはしゃいでいるだけの人だと思います

 

 

先日のTwitterにて。

参加者からの「なにも連絡がない」の報を受けて、主催の日本児童文学者協会事務局(わたしたち実行委員会は「共催」なのです)に発破をかけたのをご覧になり気分を害された方もいるかもしれませんが、主催者はお招きする方に最大の敬意を払わなければいけません。それがイベント主催のマナーだと思っています。難しいのなら開催自体を考えなおさなければいけません。お金もいただくわけですからね。

講師の先生方は遠くからはるばるいらっしゃる方もいますし、家族やご自身が病気をかかえているのに、集まってくださる人のために会いに行こうと無理してスケジュールを立てている場合もあると思います。(注:今回の講師さんがそうだという意味ではありません)


来場してくださる方もそうだと思っています。

わたし自身、協会のノンフィクションの講座には過去に飛行機に乗ってなんどか通った経験もあるくらいですから……。



もうかなり前、25年ほど昔の話ですが、市内某所開催の読書関係のボランティア養成講座に通っていたときに、いまではもうお会いすることの叶わない大家のT.Tさまがいらっしゃってくださったことがありました。

こちらに遊びにきてくださる皆さんもきっと、お名前を聞いたら「ああ」とうなずかれる本ではおなじみの方です。

当時、わたしはかけだしの書き手です。一所懸命お話を聴いていました。ところがとつぜん、講演中にたいへんご立腹をされてしまったのです。

講演中の話しのなかで聴講者からこぼれる笑いが起こったのですがそれが障ったみたいでひどく怒り始めました。

聴講者はいっしゅんなにが起こったのかわからず「ぽかん」としていました。

笑ってしまったのも、どこが障ったのかというくらいのことでした。そういう受け取り方も博多特有の鈍感さだったのかもしれません。

おそらくは、それまでにも不手際がたくさんあったのではないかとあとで察しをしました。もともと不愉快要素が積もり積もったのではないかと理解をしたのです。

 

そんなことがありましたから、イベントの主催者は、来てくださるお客さまはもちろん、講師さん方にも気持ちよく過ごしていただく努力は欠かしてはいけないと考えています。

このように考えるわたしは間違っているでしょうか。

これからお会いできます皆さまからもご意見をいただけましたら幸いです。

 

 

さて。

つい最近のこと、元職場からカムバックのお声がかかり、いつになく心がゆれている、という話を書こうと思っていましたが、これについてはまた日をあらためます。


 

 

 

  2021/02/25   xyz

暗号化するじいじ

 

 

B1F80990-5EC7-441A-B811-0D30FFC7AE5F.jpeg

 

……とぼけています

 

D6FBDC0D-4FC5-48F6-9DE3-41F3BDB02977.jpeg

 

……いっしゅん、なんかの暗号かと思いましたわい

 

 

先週は同年代の親戚が、闘病なかばで逝ってしまいました。あまりに早すぎました。

つらい見送りがあった直後だっただけに、このやりとりには和みましたよ。有難う。

 

丸っと4年間使用したスマホがついに動かなくなっていたので、急ぎ、会社に変更してもらいました。

こんどのセミナーまでもたないかなあとだましだまし使っていました。

こちらはサクサクで大変有難いことです。前のも(わたしの使い方が悪くて)ポンコツだったけどすごく気にいっていたの。

LINE背景は初期化されています。

 

 

  2021/02/18   xyz

まあだだよ

 

 

C085F5CA-D327-4C47-99CD-190F7687B9DC.jpeg

 

じいじもLINEなれてきたね

 

 

 

 

政府の10都道府県 緊急事態宣言延長により、今後の不明瞭だった催しごとや仕事もおおむね方向性がはっきりしましたので決議を進めたり、関係者にはお知らせしてまいります。


SNSはしばらく休み休みになるかと思います。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

軽佻浮薄でおかしな報道が散見するなか、今朝の西日本新聞の1面がまともな記事でホッとしています。このままうかうかしているとホロコーストのような悪政に呑み込まれますよ。

 

 

 

色々深刻な状況がまいこんでいますが、そんな中明るいニュース♪

 

おかげさまで、カービィ絵本「そらのおさんぽ」にまた重版がかかりました。カービィちゃんには前もつらい時に助けられたことがあり感謝ばかりです。考えすぎて、もしや編集さん営業さんが気遣ってくださってる? って思ってしまうほどです。

< 当方どういうわけか結果的に今年度のほうが収入が増え、とりあえず、お金には困っていません。……確定申告もやらなくては、ね。教材採用してもらっている会社も多々あり、簡易売上台帳にはリストアップしてますが、あらためて御礼をいいたいです。

 

魅力的な関連の本や絵本、雑誌類がつぎつぎと出版されているのも、後押ししてくれていると思っています。

まことに有難うございます。

依然としてコロナ禍中にあり、多くの会社の経営陣は厳しい状況ですから、いつなんどき欲しいものが手に入らなくなるかはわかりません。買いたいものは(適正価格で)買えるときにゲットしてくださいね~~ (2月4日追記)

 

 

ソーサク部屋   2021/02/02   xyz

他愛ない話をひとつ

 

あっというまに新年明けて2週間経ちましたね。

毎度この時期は日々が飛ぶように早い早い(いま、急いで打っていて、早いが”ひゃい”になりました)

やっと、紅白の見逃した分をチェックしたところなのに、次々とドラマが始まるし、映画の新作も観たいし……

 

最近は、朝は起きて20分~30分で支度をして家を出るので、前の晩のうちに朝ごはんを考えておくんです。夜お腹いっぱい食べるのを控えているわたしにとってはそれがちょっとした楽しみで……。

 

先週末は炊飯器のかやくご飯を夫氏の茶碗一杯分だけ残し、あとは朝自分が食べる分を耐熱容器に入れておいたんです。円形でフタを回してしめるやつに。

夫氏は晩酌の日は録画したドラマを観ながらだらだらと食べるので、終わるまで待っていたらキリがない。片づけはまかせて(洗ってくれるわけではないけど流しにまとめてはくれる)先にお風呂に入り、声をかけて寝ちゃうことたびたびです。

 

そして、さあ、朝になりました。

かやくご飯を楽しみに容器を開けようとします。

えっ。開かないじゃーん!

夫氏があとから残したご飯を追加していたらしく、フタをきっちり回しすぎて開かない!

おおいっ(怒)

 

じつはわたしは感染症にかかる前(※注:今回の新型コロナではなく溶連菌の酷いの)は、握力が両方40㎏以上あったんですよ。この年代での女性の平均より力があったほうかもしれません。

それが後遺症で筋繊維の一部を傷つけたみたいで、腕力が極端に落ちてしまっているのです。特に右腕の力が。

(リハビリとトレーニングである程度は戻せましたが……)


早朝ですし、ぐっすり寝ている夫氏を起こすのも可愛そうなので、結局その朝はご飯を食べられなかったのでした。
 

 

皆さんはフタを開けられないとき、どうしているのかなあ??

瓶のフタならコンロで焙ったりしますよね。それでも開かないときはどうしているのかまた教えてください。

 

 

※大人がかかる溶連菌感染症ついては、勇気のある方だけ「人食いバクテリア」で検索してみてください。

 

  2021/01/15   xyz

本年もよろしくお願い申し上げます

 

 

これまでにない大変な年越しでした......ね。

このひと山越えられたのだから、きっと、もうひと山、次なる山があっても越えていけると思うんです。

 

いっしょに未来へ進みましょう!

 

 

あ、でも昨日の大晦日も、朝のうちだけで3台の救急車を見かけたりすれ違ったりしたから、ほんと無理はせずに用心してくださいねー。

 

わたしは元旦の休みをもらえてラッキーでした。

いつもなら9時までには寝ちゃうんですが、テレビやライブ、色々視聴できたし、例年通り、お雑煮の下準備ができました。

博多雑煮はちゃんと作ると手間がかかりますゆえ...... (こういうの

 

今年は具材の、うずら卵やぎんなん、どんこ(しいたけ)もろもろ、かなり手抜きですませます。

 

ほんでもって、年越し蕎麦は、油そばをいただいたよ〜♪

 

  2021/01/01   xyz